小売りの話題

アフィリエイト広告を利用しています

小売業に導入進む電子プライス|コストとメリット、課題

近年、小売業において、商品の価格表示を紙の値札から電子的に変更できる電子プライスの普及が進んでいます。電子プライスとは、商品棚に設置された電子ペーパーや液晶ディスプレイなどのデバイスで、価格や在庫情報などを

なぜ小売業では現場と本部でギャップが起きるのか?|克服すれば売上と顧客満足が向上!

今回は小売業における現場と本部のギャップについてまとめたいと思います。 現場のスタッフと本部の間には、しばしば意見の食い違いや

コンビニ業界の売上ランキングと上位5社の特徴|セブン強し!ファミマ、ローソンも独自戦略で対抗!

コンビニは日常生活に欠かせない存在です。24時間営業で、食品から日用品、チケットや宅配などのサービスまで、さまざまなニーズに応えてくれます。しかし、コンビニ業界は競争が

成果主義のメリットとデメリット:小売業界の人事制度の変化と影響

小売業界でも、成果主義が導入されるケースが増えています。成果主義とは、従業員の業績や貢献度に応じて、給与や昇進などの待遇を決める人事制度のことです。成果主義には、メリットとデメリットがあります。小売業における

小売業と転売屋対策:商品制限、販売方法の工夫、法的な対応

小売業は、消費者のニーズに応えるために様々な商品を販売しています。しかし、中には、人気商品や限定品を大量に買い占めて、高額で

物価高騰対策は価格据え置きで質を下げるより値上げすべき4つの理由

物価高騰、原価高騰が続いています。その中で、企業や店舗はどのように対応すべきでしょうか? 価格を据え置いて、質(量)を下げる 質(量)を据え置いて、価格を上げる 質(量)を上げて、価格も上げる 是非は別として、質(量)をこっそりと下げる「ステルス値上…

小売業における避難訓練の重要性と法令 〜日航機CAさんの的確な判断・行動に学びを得たい

羽田空港での事故におけるCAの皆様、機長の行動を見て感動しました。 私が店長を務めていたとき、店舗で火災や地震が起きたとしたら、自分や従業員があのように行動できたでしょうか。いえ、あのレベルでは絶対にできません。 私は店長時代、結構まじめに…

営業職の販売目標の意味・意義とは?目標設定の3つの方法と成功事例!

販売目標なんてなくなればいいのに… 営業職や販売職に従事される方なら一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。 通常、販売目標は1年、半期単位など決まった区切りで目標数値が設定されます。それを達成するために営業計画を立てます。 しかし、販…

ESなしにCSなしとは?従業員満足度から顧客満足度につなげる5つの事例

ES(従業員満足)とCS(顧客満足)は、企業の業績やブランド力に大きな影響を与える重要な指標です。ESとCSは相互に関係しており、 ESが高まればCSも高まるという考え方があります。ESなしにCSなしという言葉の意味や

正月休業で進む小売業の働き方改革|従業員のモチベーションのアップに貢献!

あけましておめでとうございます。 新年からお仕事をしている方、本当にお疲れ様です。 私も本社勤務になる前は、元日から仕事でした。小売業界でも正月休業が当たり前になることを願って今回の記事を書きます。たくさんの小売業界の方に読んでいただけます…

小売店のショッピングモール出店の6つのメリットと注意点

飲食店や小売店などの店舗を出店する場合、出店場所の選択は非常に重要な要素です。出店場所によって、集客力や売上、経営の安定性などが大きく変わってきます。 今回は、店舗をショッピングモールに出店するメリットと注意点について、詳しく

これがAIの力!イオンリテールが独自開発した需要予測・発注システム「AIオーダー」で生産性とサービスを向上させる方法

イオンリテールは、2023年5月から「イオン」「イオンスタイル」など約380店舗に、独自開発した需要予測・発注システム「AIオーダー」を導入しました。このシステムは、客数と商品の需要予測をもとに最適な発注数を提示するシステムで、発注時間の半減や発…

パーソナライゼーションの効果と課題:顧客満足度の向上と売上低下のリスク

パーソナライゼーションによって、お客様満足度が向上するというのは、どのような仕組みと効果で成り立っているのでしょうか。そもそもパーソナライゼーションとは何かを含めて、その定義と効果、事例、課題について

小売業における派遣業法と独占禁止法について|3つの制限と注意点

小売業では派遣労働者を活用することが多くあります。その場合は、労働者派遣法(以下、派遣法)や独占禁止法などの法令を遵守する必要があります。派遣法は、派遣労働者の権利や派遣先企業の責任を定めた法律であり、独占禁止法は、大規模な小売業者がメー…

リバース・ロジスティクスの効率化:返品や交換を販売のチャンスに変える4つの事例!

ネットショップの運営においてあらゆる企業が課題としていることに、「返品」「交換」の問題があります。この返品•交換の対応を「リバース•ロジスティクス」と言います。取り扱い商品を充実させればおのずと返品や交換の件数も増えてきます。返品や交換は利…

天気と気温による売れる商品の変化|天気予報を活用した小売業の販売促進方法!

小売業にとって、天気は売上に大きな影響を与える要因の一つです。天気によって消費者の行動やニーズが変化し、それに伴って売れる商品は変わります。食料品以外の商品でも、天気の変化に敏感に反応する商品が多くあります。小売業と天気との関係性について

クロスマーチャンダイジング: 小売業における顧客満足度と利益を同時に向上させる有効な方法!

クロスマーチャンダイジングとは、異なるカテゴリーの商品を一緒に陳列したり、関連付けて販売したりすることで、顧客の購買意欲を高める販売促進手法の一つです。小売業においては、クロスマーチャンダイジングを効果的に…

電子帳簿保存法に対応する方法|会計ソフトの必要性とおすすめソフト3選

法人だけでなく個人事業主の方も、2023年4月1日から施行された電子帳簿保存法に対応する必要があります。電子帳簿保存法とは、経理帳簿や領収書などの帳簿書類を電子的に保存することを義務付ける法律です。この法律により、紙ベースでの帳簿保存は原則とし…

景品表示法と小売業: コンプライアンスの重要性

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、百貨店、ドラッグストア、家電量販店、ファッション店など、小売業は消費者のニーズや嗜好に応えるために、さまざまな販売戦略やマーケティング手法を用いています。 しかし、小売業が行う販売活動には…

チェーンストアにおける店舗の標準化のメリットとデメリット

チェーンストアとは、同じ業態やブランドで多数の店舗を展開する小売業やサービス業のことです。チェーンストアの経営において、店舗間のバラツキを少なくし、一定の品質やサービスを提供するために…

ドラッグストア業界ランキング|成長と課題も明らかに!

ドラッグストアは、医薬品や化粧品にとどまらず、日用品、食品なども販売しています。ドラッグストアは、医療•健康に関する商品を提供するだけではなく、消費者のニーズに応える多様な商品や…

家電量販店ランキングと業界の課題:現状と将来性を探る

家電量販店は、テレビやパソコン、冷蔵庫などの家電製品を販売する専門店です。私たちの生活に欠かせない家電製品を提供している家電量販店ですが、近年は市場環境の変化や消費者ニーズの多様化により、業界の動向に…

ホームセンター業界ランキング ベスト5と今後の動向|再編と新規ビジネスで課題を乗り越える!

ホームセンター業界は、コロナ禍において日曜大工やガーデニングなどの趣味の需要や、巣ごもり需要などで、一時的に業績を伸ばしました。 しかし、市場が飽和状態にあることや、人口減少や住宅の縮小による需要の減少、他の小売業やネット通販との…

注目のマーケティング手法OMOとは|それは顧客満足度アップカギだった!

OMOとは「オンラインとオフラインの融合」というマーケティング手法のことです。最近、小売業界で注目されているワードで、デジタル化を推進する際の手法のひとつです。OMOの概要、メリット、事例などを…

小売企業の競争力強化のためのサプライチェーン戦略

新型コロナウイルスや気候変動、社会情勢の変化などによって、世界的なサプライチェーンは大きな影響を受けています。生産や輸送の遅延、原材料や部品の不足、需要の変動などが、小売企業の業績や顧客満足度に悪影響を及ぼしています。このような状況に対応…

AIコンビニエンスストアの新概念!顧客セグメント化でパーソナライズ広告を配信

AIは、顧客の属性や購買履歴などからセグメント化(グループ分け)し、パーソナライズされた広告やクーポンを配信することができます。ファミリーマートでは「AIコンビニ」としてAIを活用した新しいコンビニエンスストアを…

期間限定のポップアップストアの成功事例|企業•店舗の認知度と集客力を高める!

ポップアップストアとは、期間を限定してオープンする小規模な店舗のことです。ファッションや雑貨などの企業の出店が多いですが、物販だけではなくイベントやワークショップなどを開催することもあります。その目的は、企業•店舗の…

新聞折込みチラシはオワコンか|効果とメリット、デジタルチラシとの違いを理解して効果的に活用!

新聞折込みチラシはもう効果がない… デジタルチラシの普及とともによく聞くようになった言葉ですが、本当にそうなのでしょうか。 新聞折込みチラシとデジタルチラシは、それぞれにメリットとデメリットがあります。それを理解し活用することで、新聞折込みチ…

PPIH(ドンキホーテ)決算発表!グループの総合力を示すも課題が残る…

なにかと注目のドン・キホーテの包括グループであるパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH)が2024年6月期第1四半期決算を11月10日に発表し…

競争力を高めるためのツール!:AI発注システムの重要性と具体的な成果

AI(人工知能)は、様々な業界で活用されていますが、特に小売業では、需要予測や在庫管理、発注業務などの効率化、適正化に活用されています。AI発注システムは、販売実績や気候、イベントなどのデータをAIが学習•分析し…