小売りの話題

アフィリエイト広告を利用しています

景品表示法と小売業:公正取引による消費者保護

景品表示法は、消費者が自由かつ合理的な選択を行えるように、不当な表示や過大な景品類の提供を防ぐことを目的としています。今回は小売業における景品表示法の適用と

働き方改革:労働環境改善とライフワークバランス

小売業は人手不足や長時間労働などでライフワークバランスが崩れやすい業種です。ライフワークバランスは仕事のパフォーマンスや健康にも

サブスクの戦略的活用:企業側メリットは情報収集にあった!

「サブスク」という言葉が日常的に使われるようになり、多くの業界でこのビジネスモデルが導入されています。小売業界でも、顧客の購買行動に大きな変化をもたらし、

賞味期限と消費期限、3分の1ルールとは?:テマエドリによるフードロス削減取組み

食品を購入する際に、賞味期限と消費期限を確認しますが、これらの違いについてお客様、消費者に正しく伝わっているでしょうか?賞味期限と消費期限の違い、食品の返品に関する「3分の1ルール」、

100円ショップの歴史:黎明期からブランド価値を確立するまでの進化!

幅広い世代に支持されている100円ショップ。その歴史は1960年代にさかのぼり、今日では国内外で広く認知される存在となりました。催事販売の時代から始まり、

働き方改革:義務有給と連休取得の義務化によるライフワークバランスの推進

働き方改革が進む中で、「義務有給」と「連休取得の義務化」は、労働者の権利として注目されています。この制度は小売業においても例外ではありません。義務有給の現状と、

役職が人を育てる:リーダーシップ経験が個人の成長に大きく関係!

役職とは、単なる肩書きではありません。それは、個人の成長、チームの進化、そして組織の発展に不可欠な要素です。役職が個人の成長に与える影響について、

メンタルヘルスマネジメントは「ケチな飲み屋(けちなのみや)」で実践!

現代社会において、メンタルヘルスは重要な課題となっています。特に職場でのストレスは、従業員の心の健康に大きな影響を与えることが知られており、

在庫回転率の意義と効果:経営指標だけではなく、企業の魅力の指標でもある!

在庫回転率は、小売業において重要な指標の一つです。企業の経営状態を把握し、財務の健全性を評価するために利用されます。在庫回転率は、企業が商品を販売して利益を得る能力を

コンビニのスイーツに秘められた戦略:セブンイレブン、ローソン、ファミマの比較

コンビニのスイーツは、品質や種類の向上に加えて、専門店とのコラボレーションやコト消費を刺激する商品など、多様な魅力を提供しています。コンビニのスイーツはどのようにして人気を

番外編:漫画家鳥山明先生の偉大なる功績

2024年3月8日、偉大なる漫画家の鳥山明先生の訃報が報じられました。鳥山明先生は、私が子供の頃から大好きな漫画家でした。 今回は、ブログの趣旨、小売とは関係ありませんが鳥山明先生の偉大さを改めて振り返りたいと思います。

清潔な店舗が犯罪と事故を防ぐ!整理整頓・清掃の重要性

今回は、店舗の清潔さと防犯の関連性についてまとめます。店舗の清潔さは、お客様の印象や信頼感だけでなく、防犯にも効果があります。そして、店舗の清潔さを保つためには、

ジャパネットはなぜ支持されるのか、価格ではない魅力

ジャパネットたかたは、家電通販のトップとして誰もが知る企業ですね。しかし、ジャパネットの商品は本当に安いのでしょうか? また、価格だけがジャパネットの

クリンリネスとは?|小売業における清潔さの重要性

お客様は、店舗に入ったときにどんなことを感じるでしょうか?商品の品揃えや価格、サービスの質など、さまざまな要素があると思いますが、その中でも、店舗の清潔さは

小売業における、統計学を活用した課題発見の手法

小売業は、消費者のニーズや行動を把握し、効果的な販売戦略を立てることが重要です。しかし、小売業におけるデータは膨大で多様であり、単純な集計や分析では十分な

小売業とカスタマーハラスメント|カスハラの実態と対処法

小売業で働く人は、日々さまざまな顧客と接することになります。その中には、理不尽なクレームをつけたり、暴言や暴力をふるったりする人もいます。これらの行為は、カスタマーハラスメント(カスハラ)と呼ばれ、従業員に

自動釣銭機導入とメリットと注意点:適正運用で業務効率化を目指す

小売企業の中には、自動釣銭機の導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。自動釣銭機とは、お客様から受け取った現金を自動で計算し、お釣りを出してくれる機器の

アンケート結果がニーズの正解ではない?小売業のマーケティングにおける注意点

小売業のマーケティングにおいて、顧客ニーズを把握することは非常に重要です。顧客ニーズに合わせた商品やサービスを提供することで、

しまむらの人気の秘密:安くて高品質を実現するのは多品種少量展開!

ファッションセンターしまむらの人気のひみつについて調べてみました。しまむらは、安くて高品質な衣料品を提供することで、中高年の層だけでなく、

小売業に導入進む電子プライス|コストとメリット、課題

近年、小売業において、商品の価格表示を紙の値札から電子的に変更できる電子プライスの普及が進んでいます。電子プライスとは、商品棚に設置された電子ペーパーや液晶ディスプレイなどのデバイスで、価格や在庫情報などを

なぜ小売業では現場と本部でギャップが起きるのか?|克服すれば売上と顧客満足が向上!

今回は小売業における現場と本部のギャップについてまとめたいと思います。 現場のスタッフと本部の間には、しばしば意見の食い違いや

コンビニ業界の売上ランキングと上位5社の特徴|セブン強し!ファミマ、ローソンも独自戦略で対抗!

コンビニは日常生活に欠かせない存在です。24時間営業で、食品から日用品、チケットや宅配などのサービスまで、さまざまなニーズに応えてくれます。しかし、コンビニ業界は競争が

成果主義のメリットとデメリット:小売業界の人事制度の変化と影響

小売業界でも、成果主義が導入されるケースが増えています。成果主義とは、従業員の業績や貢献度に応じて、給与や昇進などの待遇を決める人事制度のことです。成果主義には、メリットとデメリットがあります。小売業における

小売業と転売屋対策:商品制限、販売方法の工夫、法的な対応

小売業は、消費者のニーズに応えるために様々な商品を販売しています。しかし、中には、人気商品や限定品を大量に買い占めて、高額で

物価高騰対策は価格据え置きで質を下げるより値上げすべき4つの理由

物価高騰、原価高騰が続いています。その中で、企業や店舗はどのように対応すべきでしょうか? 価格を据え置いて、質(量)を下げる 質(量)を据え置いて、価格を上げる 質(量)を上げて、価格も上げる 是非は別として、質(量)をこっそりと下げる「ステルス値上…

小売業における避難訓練の重要性と法令 〜日航機CAさんの的確な判断・行動に学びを得たい

羽田空港での事故におけるCAの皆様、機長の行動を見て感動しました。 私が店長を務めていたとき、店舗で火災や地震が起きたとしたら、自分や従業員があのように行動できたでしょうか。いえ、あのレベルでは絶対にできません。 私は店長時代、結構まじめに…

営業職の販売目標の意味・意義とは?目標設定の3つの方法と成功事例!

販売目標なんてなくなればいいのに… 営業職や販売職に従事される方なら一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。 通常、販売目標は1年、半期単位など決まった区切りで目標数値が設定されます。それを達成するために営業計画を立てます。 しかし、販…

ESなしにCSなしとは?従業員満足度から顧客満足度につなげる5つの事例

ES(従業員満足)とCS(顧客満足)は、企業の業績やブランド力に大きな影響を与える重要な指標です。ESとCSは相互に関係しており、 ESが高まればCSも高まるという考え方があります。ESなしにCSなしという言葉の意味や

正月休業で進む小売業の働き方改革|従業員のモチベーションのアップに貢献!

あけましておめでとうございます。 新年からお仕事をしている方、本当にお疲れ様です。 私も本社勤務になる前は、元日から仕事でした。小売業界でも正月休業が当たり前になることを願って今回の記事を書きます。たくさんの小売業界の方に読んでいただけます…

小売店のショッピングモール出店の6つのメリットと注意点

飲食店や小売店などの店舗を出店する場合、出店場所の選択は非常に重要な要素です。出店場所によって、集客力や売上、経営の安定性などが大きく変わってきます。 今回は、店舗をショッピングモールに出店するメリットと注意点について、詳しく